テレビアンテナの種類|テレビアンテナのもっとも良い取り付け方を学ぼう

テレビアンテナの種類

女の人

八木式アンテナ

アナログテレビの時代から使用されてきた、もっともポピュラーなテレビアンテナです。建物の屋上に設置するタイプのアンテナで、基地局に向けて固定することで高い指向性を発揮し、電波を捉えることが出来ます。現在の地デジアンテナのなかでも、もっとも多いタイプのアンテナです。

デザインアンテナ

フラットタイプとも呼ばれているテレビアンテナです。平たく小さいので、建物の壁や屋根裏などの幅広い場所に取り付けることができるアンテナです。あまり目立たず、オシャレなデザインをしています。なので、建物の外観を損ねることがないことが利点のアンテナです。

室内アンテナ

室内に設置するタイプのアンテナです。室内に設置するため、置きやすい卓上型であるものが主流です。屋外に取り付ける必要がないことと、手軽に移動できることが利点です。しかし、その分電波受信の感度が弱く、設置箇所を選ぶのに調整が必要です。

BS・CSアンテナ

地上デジタル放送ではなく、BS放送とCS放送という衛星テレビ放送を受信するために使用するテレビアンテナです。かつてはアナログ専用とデジタル専用に分かれていましたが、今では一つのアンテナで兼用可能となっています。形状は、パラボラアンテナという円盤型のアンテナです。