地デジの基礎知識|テレビアンテナのもっとも良い取り付け方を学ぼう

地デジの疑問にお答えします

平成27年の春ごろをもって、すでに地デジ放送はアナログ放送からの完全移行が完了しています。ですが、それでも今だに以外に知らないことが多いものが、地デジ放送です。そのなかでも、視聴者からあげられるよくある疑問にお答えいたします。

地デジアンテナQ&A

地デジの正式名称はなんですか?

地デジの正式な名称は「地上デジタルテレビ放送」です。それまでのアナログテレビ放送と比べて、雑音や建物による電波の反射などによる映像の乱れをなくすことができ、さらに高品質の映像と音声を届けることができるようになりました。

地デジの画面は何が違うのですか?

地上デジタル放送の最大の特徴は「デジタルハイビジョン放送」が見られることです。画面の比率を16:9に変えたことにより、それまでのアナログハイビジョンよりも、さらに迫力のある映像を届けることができるようになりました。音声もさらに高品質になっています。

地デジはテレビの他でも見ることができますか?

はい、スマホなどの携帯端末では「ワンセグ」を使用した地デジ放送を見ることができます。そのため外出先などでも、緊急警報などの必要な情報を見ることができるようになったのです。しかし、映像の美しさを最大限に堪能するためには、やはりテレビ画面で見ることが一番です。

なぜデジタルに移行したのですか?

理由は二つあります。一つは、映像・音声の高品質化や、デジタル利用による視聴者からも放送にアクセスできるようにするなど、サービスの充実を図るためです。通信技術が発達した現代では、今までのような一方向の放送ではなく、さらに視聴者に便利なサービスを提供する必要があったのです。

もう一つの移行理由は何なのですか?

もう一つの理由は、テレビ放送に使われている電波の枠が、すでにいっぱいだったからです。地上デジタルテレビ放送を使用すれば、それまでのアナログテレビ放送で使用されていた電波の枠を、大幅に減らすことができます。それにより、余った枠を他の通信技術に使用することができるようになりました。

地デジの基礎知識

アンテナ

現在の地上波テレビ放送はすべて地デジ放送です

現在ではすでにアナログテレビ放送は完全に終了し、地上波のテレビ放送はすべて地上デジタル放送に移行しています。地デジ放送を楽しむためには、地デジ対応テレビでの視聴がもっとも適しています。また古いアナログテレビであっても、地デジチューナーなどを使用することにより、地上デジタル放送を見ることはできます。

地デジ放送を見るためにはアンテナ工事が必要です

地デジ放送を見るためには、それまでのアナログテレビ用のテレビアンテナではなく、地デジ対応のアンテナを取り付ける必要があります。ただ取り付けるだけではなく、アンテナからテレビまでの配線作業なども必要になります。

取り付け業者に依頼しましょう

地デジアンテナ工事は、住宅周辺の電波状況の確認や、正確な固定作業などの専門知識が必要になります。また屋上・外壁などのアンテナ設置には、危険も伴います。そのため、地デジアンテナ工事は、決して自分の手で行うのではなく、取り付け業者に依頼するべきなのです。