地デジアンテナ工事のトラブル|テレビアンテナのもっとも良い取り付け方を学ぼう

アンテナ取り付けの難しさ

住宅で使用する機材の取り付け作業は、実は想像しているよりも大変な作業です。特に地デジアンテナ工事は、専門の知識や経験が特に必要となる作業です。そのために、実際に取り付けるとき、どのようなトラブルが起きるのかを知っておくことも必要です。

地デジアンテナ工事のトラブルランキング

no.1

アンテナが取り付けられない

一番よくあるトラブルは、自分で取り付けてみようとしても、テレビアンテナの取り付け方が分からないことです。アンテナはただ取り付ければよいというわけではありません。固定するときの角度や向きの確認、屋内への配線なども重要なため、専門知識が必要となる作業なのです。

no.2

取り付けてもテレビが映らない

次いで地デジアンテナ工事で特に困ってしまうトラブルは、アンテナを取り付けてみても映らないことです。アンテナ自体はちゃんと固定されているはずなのに、テレビ画面に何も映らないというトラブルはよくあることです。アンテナだけではなく、その他の原因を探すことは経験がないとかなり難しい作業です。

no.3

対応の悪い業者を選んでしまった

その次にアンテナ取り付けでよくあるトラブルは、取り付け業者選びの失敗です。アンテナ工事は専門の取り付け業者に依頼するべきですが、どんな業者でもよいというわけでもありません。ただ安いだけなどの怪しい業者ではなく、ちゃんとした業者を選びましょう。

no.4

アンテナを選びきれない

アンテナを取り付ける以前に、そもそもアンテナの選び方がよく分からないということも、よくあるトラブルケースです。テレビ用のアンテナには、形状だけでもいくつかの種類があります。さらにメーカーごとの特徴や価格帯の違いによる、性能の差などもあり、どれを選ぶべきか迷ってしまうのです。

no.5

アンテナが故障してしまった

最後によくあるアンテナトラブルは、取り付けた後にアンテナが故障してしまうことです。主に屋外に取り付けるものであるアンテナは、風や雷などの自然現象によって、故障してしまう危険性があります。なので、取り付け工事だけではなく、修理の知識も必要となります。

地デジアンテナ工事のトラブル

アンテナ

やはりアンテナ工事は専門家に依頼すべき

トラブルの事例を読んでみれば、やはりテレビアンテナの工事は専門家に依頼することが必要であると実感できたはずです。自分だけで電波状況を確認して、一番良いテレビアンテナを選んで購入し、そして取り付けてテレビの映り具合を確認する。これだけの作業をこなすことは、確実さもないうえに、体力的にも時間的にも大きな負担がかかってしまうのです。素直に専門家に依頼すべきなのです。

対応の良い取り付け業者の見分け方

どのような業者が良い業者なのか、それを見分けるポイントは2つです。まずは対応が早いこと。経験の多い企業は、その分だけ受付も多いため、依頼受付の対応の早さでその後の対応もわかるのです。また見積もりの相談なども重要です。見積もり確認に料金がかからないかどうか、後々で追加料金を要求するのではなく、事前に明確な料金を提示してくれる業者を選ぶべきです。

工事の後の対応も重視

業者を選ぶポイントは、工事前後の対応の良さだけではありません。アンテナは、取り付けた後でトラブルが起きることもあるため、修理やメンテナンスも重要です。業者によっては、自身の過失によるトラブルでも、再工事の料金を取るところもあります。そのため、工事終了後にも長期間の保障がある取り付け業者に依頼するべきなのです。

迷ったときはすぐに相談しよう

まだ工事をする予定はないが、いずれはしたいと考えている。アンテナは自分で用意するか、業者に選んでもらうか悩んでいる。これらのように迷ったときは、すぐに取り付け専門業者に相談してみましょう。ただ相談するだけならば、料金を取られることはありませんし、無理な勧誘を受けることもありません。まずは気軽に相談してみて、その後でじっくりと良い条件を選べば良いのです。